BabyEchoとは

生まれる前の我が子の動画を保存できるサービスです。

BabyEchoのシステムが入っている病院では、定期健診時の超音波検査で
おなかの中の赤ちゃんの動画撮影が可能です。

撮影された動画は検査後、院内のWi-Fiを通じてお持ちのスマホでデータ受信ができます。

データ転送に関しては、BabyEchoのシステムにより個人のスマホを識別しているので
セキュリティの面でも安全です。

HeSeL Appで受信したおなかの赤ちゃん動画

特長

使い方

検査日当日の使い方

HeSeL 「BabyEcho」が導入されている産婦人科よりご利用いただけます。

超音波検査
院内のWi-Fiでデータ受信
上部にスライドし「診察記録」リストから確認

よくある質問ご紹介 iOSでBabyEcho 超音波動画を共有するには?

HeSeLアプリを起動
診療記録リストから
共有したい超音波動画
を選びます。
共有したい超音波動画
が表示されたらその
画像を長押しします。
選択長押しした画像
に☑がはいり、共有
と削除のアイコンが
押せるようになります。
共有アイコンを押すと
共有可能なアイコンが
表示されますので、
共有したいアプリを
選らんで共有終了です。
定期健診から動画共有まで
Top